相性

しじみの食べ方について

しじみは小さくて食べる身も少なく、積極的に食べるという方は少なくなってきていると言われていますが、その小さい身の中には肝機能を向上させる栄養素や現代人に不足しがちなビタミンhttp://xn--68jc1j637ljlperisv6b.com/、ミネラルが豊富に含まれています。
そして何よりもアミノ酸が豊富でうま味成分が凝縮しているので料理の味を格段と引き上げてくれるとも言われています。

そんなしじみですが、あさりやハマグリと同じようにまず調理する前に砂抜きという下処理をしなければいけません。
この処理をしなければ泥が溜まっていたり、砂が混じっているため、食べた時にしゃりしゃりしたり、泥臭さが残ってしまいますのでこの工程が重要です。
しじみは今まで真水で砂抜きをすると良いと言われておりましたが、近年の研究で他の貝類と同様、食塩水で砂抜きをした方がしじみ本来のうまみを閉じ込めることが出来るという事がわかりましたので、1%以下の食塩水で貝が浸るくらいの量を入れ2~3時間砂抜きを行います。

そしてなんといっても調理法ですが、一番有名なのはしじみ汁ですが、酒蒸しや中華炒め、炊き込みご飯などしじみの旨味成分が存分に味わう事が出来ると言われております。
インターネット上でもレシピが多く公開されているので一度試してみてはいかがでしょうか。